シンガポール タイ マレーシア

マレー半島縦断鉄道の旅 〜ルート編 国境の駅や途中宿泊の街など解説〜

1月 3, 2021

https://crosstheborder7.com

スポンサーリンク

悩む人
マレー鉄道を縦断してみたいけど、どんなルートで行けばいいんだろう?

 

こんな疑問に答えます。

 

本記事の内容

・マレー鉄道を縦断する時のルート

・国境の駅についての情報

・途中で宿泊するのにオススメな都市について

 

本記事の信頼性

私は2019年4月末にマレー鉄道を利用してマレー半島を縦断しました。

その時の経験も含めて記事を書いています。

 

 

日本から遠くなく、鉄道旅をしてみたい方にぴったりなマレー鉄道縦断の旅。

 

いざマレー鉄道を縦断してみたい!となった時にどういうルートでいけばいいか分からないですよね。

 

本記事ではマレー鉄道でマレー半島を縦断するときのルートや

 

途中駅で宿泊するのにオススメな都市を紹介をしていきます。

 

マレー鉄道は厳密にはマレーシア国内を走るKTMのことを指します。 しかし、本記事及び本サイト内ではタイからシンガポールまでを繋ぐ列車全般の総称をマレー鉄道として書いています。 

 

マレー鉄道の魅力についてはこちら

もくじ

マレー鉄道旅の魅力 マレー半島1900kmを鉄道で縦断する魅力を紹介

悩む人マレー鉄道って聞いたことはあるけど、どんな魅力があるのかな?   こんな疑問に答えます。   本記事で得られること ・マレー鉄道にはどこから乗ればいいのかについて ・マレー鉄 ...

続きを見る

 

それでは早速始めていきましょう。

 

マレー鉄道を縦断する時のルート

 

 

スタートはタイのバンコクのフアランポーン(Hua Lamphong)駅か、シンガポールのウッドランドチェックポイント(Woodlands Checkpoint)駅(あるいはマレーシアのジョホールバル(JB Sentral)駅)になります。

 

地図はこちらにあります。

 

もし最短でマレー鉄道を縦断するとした場合、下記ルートが最短となります。

 

・「フアランポーン(Hua Lamphong)」駅 ⇒ 「パダンブサール(Padang Besar)」駅
・「パダンブサール(Padang Besar)」駅 ⇒ 「グマス(Gemas)」駅
・「グマス(Gemas)」駅 ⇒ 「ジョホールバル・セントラル(JB Sentral)」駅
・「ジョホールバル・セントラル(JB Sentral)」駅 ⇒ 「ウッドランズ・チェックポイント(Woodlands Checkpoint)」駅

 

タイから出発した場合のルートです。シンガポールから行く場合は逆のルートになります。 

 

最短であれば1泊2日で行けます。ただし、その場合は移動のみになってしまうのでオススメはしません
Aki

 

タイ側とシンガポール側のどちらからスタートするのが良いか?

 

これは正直に言って好みです。

ただ、それだと判断ができないと思いますので、検討する時のポイントを書いておきます。

 

時差の違い

 

タイとマレーシア・シンガポールには時差が1時間あります。


タイ側から行く際は時間が進みますし、シンガポール側から行くときはマレーシアとタイの国境で1時間戻ります。

 

私はシンガポール側から行きましたが、パダンブサール駅で時間なのに列車が来ない!と焦ったことがあります。 (タイ国鉄のチケットは当然タイ時間の発車時間が書いているのですが、マレーシア時間が書いてあると勘違いしたためその時まで気付いていませんでした笑)
Aki

 

時差によってどちらから行くかの判断はしにくいかもしれませんが、知っておいて損はありません。

 

物価の違い

 

どちらかと言うとこちらの方が大事になります。

 

タイとマレーシアはそれほど物価の違いは感じませんでしたが、シンガポールは飛び抜けて物価が高いです!

 

旅の予算を考えながらシンガポールを先にするか後にするかを判断した方がいいでしょう。

 

国境の駅について

 

タイ・マレーシアの国境

 

タイとマレーシアの国境の駅はパダンブサール(Padang Besar)になります。

 

 

この駅はタイ側とマレーシア側どちらにも駅がありますが、駅構内にイミグレーションがあるのはマレーシア側の駅にあります。

 

また、KTMとの乗り換えもマレーシア側の駅になるので、基本的にはマレーシア側を利用することになると思います。

 

マレーシア・シンガポールの国境

 

マレーシアとシンガポールの国境の駅はジョホールバル・セントラル(JB Sentral)になります。

 

 

この駅はそこそこ発展しているので、買い物や食事には困りません。

 

朝はマレーシアからシンガポールに通勤で行く人がたくさんいるため、イミグレーションを抜けるのに数時間かかることがあるみたいです。

 

逆に夕方はシンガポールからマレーシア方面が混んでいます。

 

私が行った時は早朝にシンガポールからマレーシアに入国したため、30分もかからずに通過できました♪
Aki

 

 

途中下車して宿泊するとしたらオススメの街

 

 

最短でマレー鉄道を縦断してしまうのは少し勿体無いので、途中の街で宿泊して観光をしていくことをオススメします!

 

ココがおすすめ

・ジョージタウン(ペナン島)

・クアラルンプール

 

ジョージタウン(ペナン島)

 

ペナン島には世界遺産都市のジョージタウンがあります。

 

ここには綺麗なビーチやストリートアートなどがあり、老後に住みたい街としても有名です。

 

 


パダンブサール駅とクアラルンプール駅の間にあるので、ここで1泊して観光するのがオススメです。

クアラルンプール

 

クアラルンプールはマレーシアの首都です。

 

KTMの駅は非常に大きく、日本の大きな駅と変わらない雰囲気です。

また、ショッピングセンターなどもあり、日本人観光客に人気の都市です。


有名なペトロナスツインタワーや大きなチャイナタウンもあり、1泊だけでは物足りないくらいの街です。

 

 

私 Akiが実際にマレー鉄道縦断したルートと日程について

 

私は2019年4月末〜5月頭にシンガポール側からマレー鉄道に乗りました。

 

シンガポール側からスタートした理由は、その前にラオスにいて、ラオスからシンガポールへの航空券が格安で販売されていたためです笑
Aki

1日目:ラオスからシンガポールに入り、シンガポールで1泊


2日目:早朝にバスでシンガポール→ジョホールバルへ移動

その後ジョホールバルからマレー鉄道で北上、グマス→クアラルンプールへ移動し、クアラルンプールで1泊

3日目:クアラルンプール→ペナン島へ移動し、ペナン島で2泊

4日目:ペナン島観光

5日目:ペナン島からパダンブサール駅へ移動し、寝台列車で1泊

6日目:バンコクに到着しそのままバンコク市内観光

ペナン島で2泊した理由は、希望日はタイ国鉄のチケットが満席で取れなかったためです
Aki

 

マレー鉄道の部分は合計で5泊6日でした!

 

さいごに

 

 


マレー鉄道での縦断の旅は、途中下車した街でどんな時間を過ごすかによって、同じルートを移動しても人それぞれ違った旅をアレンジできます。


皆さんのスケジュールと予算に合わせて、自分だけの列車の旅を楽しんでください!

 

今回は以上です。

スポンサーリンク

-シンガポール, タイ, マレーシア
-, , , , , , , ,

© 2024 Cross the border